ここから本文です

映画『エイリアン コヴナント』撮影終了 監督と主演女優のツーショット公開

クランクイン! 7/21(木) 19:30配信

 映画『プロメテウス』(12)の続編であり、SFホラーの金字塔『エイリアン』(79)に繋がる『エイリアン コヴナント(原題)』が、オーストラリアにおける撮影を終えた。同シリーズの公式ツイッターが、リドリー・スコット監督と主演女優キャサリン・ウォーターストンの姿を捉えた写真をアップした。

【関連】「キャサリン・ウォーターストン」フォトギャラリー


 ツイッターに投稿されたのは、「撮影は終了した。次のフェーズが始まる」という言葉、そしてスコット監督に笑顔を向けるウォーターストンの姿が印象的な一枚の写真だ。これまでに同アカウントでは、エイリアンのものと思しき腕が製作される過程や、ウォーターストンの劇中での姿なども公開されてきた。

 『エイリアン コヴナント(原題)』には、ウォーターストンのほかにも、前作『プロメテウス』からマイケル・ファスベンダー、ノオミ・ラパスも出演。さらにビリー・クラダップ、デミアン・ビチル、ダニー・マクブライドといった印象的なキャストが集結している。

 先週にマクブライドは、本作が「暗いホラー映画になる」と発言。コメディ俳優として知られているにもかかわらず、劇中でトーンを明るくするようなことはないとも語った。

 またマクブライドは、以前にHitfixに対しては、自身がキャスティングされたことに戸惑いを覚え、コミック・リリーフ(深刻な物語に登場する滑稽な人物)を演じることになるのかと思っていたものの、「脚本を受け取って読んだら、『なんて暗い映画なんだ。コミック・リリーフなんてありゃしないじゃないか』と思ったね」とも話している。

 映画『Alien:Covenant(原題)』は、2017年8月4日に全米公開。

最終更新:7/21(木) 19:30

クランクイン!