ここから本文です

土屋太鳳、竹内涼真との身長差キスシーンは「ラブという名のアクション」

クランクイン! 7/21(木) 20:52配信

 映画『青空エール』の完成披露舞台挨拶が21日、都内で行われ、土屋太鳳、竹内涼真、葉山奨之、堀井新太、小島藤子、松井愛莉、平祐奈、山田裕貴、志田未来、上野樹里、三木孝浩監督が登壇。土屋は劇中での竹内とのキスシーンを、「ラブという名のアクション」と振り返った。

【関連】『青空エール』舞台挨拶<フォトギャラリー>


 本作は、河原和音による同名原作コミックの実写化作品。劇中では、吹奏楽部員の小野つばさ(土屋)が、野球部の山田大介(竹内)と共に励まし合いながら、それぞれの目標を目指す姿が描かれる。

 主人公のつばさを演じた土屋は、身長185cmの竹内との身長差に苦労したそうで、キスシーンについて「凄く危険というか(笑)、ラブという名のアクションという感じ。私はほとんど、涼真くんのお腹しか見えないんです」とコメント。これを受けて竹内は、最初のテイクでキスを外してしまったことを明かし、土屋に「涼真くん、外したね」と言われたことを話した。

 初挑戦となったトランペットについて土屋は、「部活の一年生の気分でした」とのこと。続けて、「音が出ると嬉しい。私も原作に併せてトランペットを名付けて、とりあえず愛情を伝えることだけはしていました。皆最初の方はできなかったんですけど、練習で顔を合わせると『皆が上達している!』と思って、『やばいやばい』と思いながら、切磋琢磨できてよかったです」とにっこり。

 また、上野との共演については「背中や指、目や動きがかっこよくて、見とれます!」と絶賛。女優として好きすぎて、「朝、私が樹里さんのお母さんだったら、どうだったんでしょうね?」と言って、驚かれたことも明かしていた。

 当日は、タイトルに絡めて、キャストそれぞれが誰かにエールを送る一コマも。土屋は、「撮影が始まったころに九州の震災がありまして、今も避難生活や復興活動が続いていると聞いていますので、その方々にエールを送り続けていきたいなと思います。あと、エキストラさんに参加していただいたり、地元の方々にお肉を焼いてもらったりとか、すごく幸せでした。感謝の気持ちを、エールを送りたいなと思います」と語った。

 映画『青空エール』は8月20日公開

最終更新:7/21(木) 21:51

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]