ここから本文です

プロ野球界のNo.1おしゃれ選手は?

ベースボールキング 7/21(木) 6:30配信

ヒョウ柄を愛する切り込み隊長

 巨人の坂本勇人?ソフトバンクの今宮健太…?

 いやいや、並み居るイケメン選手たちも、この選手にはかなわないでしょう。日本プロ野球界、最もオシャレな選手。それは女子プロ野球リーグ、埼玉アストライアの中野菜摘選手だ。

 写真を見れば一目瞭然。彼女のイメージカラーは「豹」――。

 グローブやレガース、バッティンググローブ…。そう、彼女のオシャレは私服ではなく、グラウンドでのユニホーム姿である。

 ベルガード社に特注で作ってもらっている彼女の野球用品は、すべてがヒョウ柄。「豹のような早いスピード、そして野性的な動き」をイメージしているのだという。

 もちろん“オシャレ”目的もある。「サッカー選手って、すごくお洒落なイメージがあるけど、野球って地味なイメージじゃないですか」と、そのスタイルにはとことんこだわっている。

グラウンド上で“変身”

 女子プロ野球選手ならではの悩み――。もちろん試合の時は化粧もできなければ、ネイルやアクセサリーもできない。

 夏場には、日焼け止めも効果なし。だが、そこはオシャレ番長。しっかりと、まつ毛エクステだけは忘れずに試合に臨む。「日焼け止めは意味がない。汗をかくから化粧も意味がない。せめて、まつ毛だけでも…」と困り顔で話した。

 アストライアの切り込み隊長。大好きなヒョウ柄を身に着け、1番打者として豹のごとく俊敏な動きでダイヤモンドを駆け抜ける。10歳の時、王貞治氏に「頑張れば、女の子でもプロ野球選手になれる」と声をかけられ、それを実現させた。

 ユニホーム姿は、ヒョウ柄をまとった派手な印象の中野だが、意外にも私服は白黒のシックな「大人女子風」のファッションだという。グラウンドに入った瞬間“女”から“豹”へ変身する中野。男子プロ野球選手も、彼女の“オシャレ”を参考にしてはいかがだろうか。

BASEBALL KING

最終更新:7/21(木) 18:40

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]