ここから本文です

氷柱に触れてひんやり 金沢市の近江町市場

北國新聞社 7/21(木) 15:30配信

 21日の石川県内は、日本海上の高気圧の影響で、晴れまたは曇りとなった。正午までの最高気温は金沢27・9度、かほく27・5度、輪島26・2度など、おおむね7月上旬並みとなった。

 金沢市の近江町市場では、夏の風物詩である氷柱が登場し、家族連れや観光客が氷に触れて、ひとときの涼を楽しんだ。

 氷柱は縦横約30センチ、高さ約60センチ、重さ約30キロで、市場の入り口など13カ所に置かれた。気温30度以上の「真夏日」が続く予報が出ていることから、同市場商店街振興組合が設置を始めた。8月末まで毎日置かれる。

北國新聞社

最終更新:7/21(木) 15:30

北國新聞社

なぜ今? 首相主導の働き方改革