ここから本文です

「レアルには必要ない」…バイエルン指揮官、レヴァンドフスキ放出を否定

SOCCER KING 7月21日(木)9時24分配信

 バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督が、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの放出を否定した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が20日に報じている。

 レヴァンドフスキは以前からレアル・マドリード移籍の可能性を取り沙汰されている。今年2月上旬のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』によれば、同選手の代理人を務めるチェザリー・クシャルスキ氏が「マドリードには何かがある」とコメントし、将来的な移籍の可能性を示唆。バイエルンでプレーした2年間でブンデスリーガ62試合出場47ゴールを記録している同選手は、新たな挑戦をしたいという希望を持っていると伝えられていた。

 しかし今回の報道によると、アンチェロッティ監督はレヴァンドフスキの放出を否定している。同監督は「レアル・マドリードには多くの素晴らしい選手がいる。(カリム)ベンゼマと(ギャレス)ベイル、クリスティアーノ・ロナウドもそうだ。彼らにはレヴァンドフスキは必要ないだろう」と、ドイツ誌『スポーツビルト』にてコメントした。

「仮に彼ら(レアル・マドリード)がレヴァンドフスキの獲得に動いても、我々は彼を売却することはない。世界有数のストライカーを、どうして放出しなければいけないんだい?」

 アンチェロッティ監督はレヴァンドフスキの能力を高く評価しつつ、他クラブへ放出する意思がないことを強調している。

SOCCER KING

最終更新:7月21日(木)9時24分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]