ここから本文です

“新監督対決”はバイエルンに軍配…グアルディオラ率いるマンCを撃破

SOCCER KING 7月21日(木)11時32分配信

 プレシーズンマッチが20日に行われ、バイエルンとマンチェスター・Cが対戦した。

 バイエルンの本拠地であるアリアンツ・アレーナで行われた一戦。バイエルンのカルロ・アンチェロッティ新監督はオーストリア代表DFダヴィド・アラバや元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム、元スペイン代表MFシャビ・アロンソ、元フランス代表MFフランク・リベリーらを先発メンバーに起用した。

 そして、古巣バイエルンとの対戦を迎えることとなったマンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督。新天地での一戦、先発メンバーにはセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフやブラジル代表MFフェルナンジーニョ、スペイン代表MFヘスス・ナバス、ナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ、新加入のウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコらが名を連ねた。

 マンチェスター・Cは開始7分、敵陣でボールを奪ったイヘアナチョのパスを受けたジンチェンコがシュートを放ったが、相手DFにブロックされた。16分にはバイエルンが決定機を迎える。リベリーが左サイド深くでボールを持つと、ワンツーで突破に成功。ペナルティーエリア中央でラストパスを受けたアラバがシュートを放ったものの、GKウィリー・カバジェロにセーブされた。

 23分にはマンチェスター・Cのイヘアナチョがペナルティーエリア右手前から強烈な左足シュートを放ったが、枠の上へ。27分にはバイエルンのジュリアン・グリーンがドリブルから右足シュート。GKカバジェロの好セーブに阻まれた。グリーンは35分にも左サイドからの折り返しを受けてチャンスを迎えたが、ゴールネットを揺らすことはできなかった。

 互いにチャンスを作り出したものの、前半は0-0で終了。後半は両チームともに選手交代を繰り返し、マンチェスター・Cはヤヤ・トゥーレらがピッチに立った。

 スコアが動いたのは76分だった。バイエルンのエルダル・オズトゥルクが左サイドからドリブルでカットイン。右足シュートを放つと、マンチェスター・Cのガエル・クリシーに当たってコースが変わったボールがゴールへ吸い込まれた。

 試合は1-0で終了。“新監督対決”はバイエルンの完封勝利に終わった。

【スコア】
バイエルン 1-0 マンチェスター・C

【得点者】
1-0 76分 エルダル・オズトゥルク(バイエルン)

SOCCER KING

最終更新:7月21日(木)11時32分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。