ここから本文です

リヴァプール、アウクスブルクDFクラヴァンを獲得…今夏新加入5人目

SOCCER KING 7月21日(木)12時49分配信

 リヴァプールは20日、日本代表FW宇佐美貴史の所属するアウクスブルクからエストニア代表DFラグナル・クラヴァンを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 クラヴァンは同サイトを通じて、「この素晴らしいクラブの一員になれたことを本当に誇りに思う。言葉にするのは難しい。プレミアリーグで、リヴァプールという素晴らしいクラブでプレーすることは僕が22年間も夢見てきたことだからね。プレミアリーグは世界で最も魅力的なリーグだ。いつも素晴らしい選手がいる。この場所こそ、フットボールの母国だよ」と喜んだ。

 現在30歳の同選手は、2012年夏にオランダのAZからアウクスブルクに移籍。4シーズンで公式戦140試合に出場し、3ゴールを記録した。また、2003年7月にデビューしたエストニア代表では、現在キャプテンも務め、通算112試合出場3ゴールを記録している。

 なお、リヴァプールにとってクラヴァンが今夏5人目の新加入選手となった。これまで、加入が内定していたカメルーン代表DFジョエル・マティプとセルビア代表MFマルコ・グルイッチに加えて、ドイツ人GKロリス・カリウス、セネガル代表FWサディオ・マネを獲得している。

SOCCER KING

最終更新:7月21日(木)12時49分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。