ここから本文です

プレシーズンで5戦5発…英で2年不振のファルカオ、モナコで復活を期す

SOCCER KING 7月21日(木)16時34分配信

 チェルシーへのレンタル移籍を終え、モナコに復帰したコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが同クラブに残留する見通しとなった。イギリス紙『デイリーメール』が20日に報じている。

 ファルカオは過去2シーズン、プレミアリーグでプレーしたものの、通算で36試合出場5ゴールを記録するにとどまった。そして1日、チェルシーがレンタル移籍期間満了を発表。モナコへ復帰することとなった。

 今夏の移籍市場では他クラブへ移籍する可能性も報じられているファルカオだが、同選手はモナコに残留する意向を持っているようだ。『デイリーメール』によると、同選手はプレシーズン5試合で5ゴールを記録。復調の兆しを見せている。

 ファルカオは「モナコに戻ってこられてとても嬉しい。チームが向上しているところを見て満足しているよ。非常に良い感覚を持っている」と、現状に手応えを掴んでいるようだ。

 ファルカオは1986年生まれの30歳。2013年5月末にアトレティコ・マドリードからモナコへ移籍し、5年契約を結んだ。2013-14シーズンはモナコでプレーしたが、2014年1月に左ひざに重傷を負い、同年のブラジル・ワールドカップを欠場。2014-15シーズンはマンチェスター・U、2015-16シーズンはチェルシーへレンタル移籍で加入したが、プレミアリーグでは活躍を見せることができなかった。

 モナコは27日にチャンピオンズリーグ予選3回戦ファーストレグでフェネルバフチェと敵地で対戦。セカンドレグは8月3日に行われる。

SOCCER KING

最終更新:7月21日(木)16時34分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。