ここから本文です

“裏切り”から3年でドルト復帰…ゲッツェ「自分のプレーで納得させたい」

SOCCER KING 7月21日(木)19時46分配信

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは21日、バイエルンからドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを4年契約で獲得したことをクラブ公式HPで発表した。同選手は8月1日のトレーニングからチームに合流する予定。

 ドルトムント復帰にあたり、ゲッツェは以下のようにコメントしている。

「僕が2013年にバイエルンからドルトムントに移籍した時は、しっかりと意識したうえで決断をした。3年が経って24歳になって、今は以前の決定とは違う見方をしているんだ」

「僕の決断を理解できないファンがいることは理解している。自分の家に帰ったら、僕は全ての人々を、特に僕のことを受け入れられないという人たちを、自分のパフォーマンスで納得させたいんだ。自分の目標は最高のフットボールを取り戻すことだ。このクラブとドルトムントのファンのためにね」

 現在24歳のゲッツェは8歳の時にドルトムントの下部組織へ加入し、2009年に17歳でブンデスリーガデビュー。中心選手として活躍し、2010-11シーズン、11-12シーズンのリーグ連覇に貢献した。しかし、2013年夏にバイエルンへの移籍が決定。ライバルへの“禁断の移籍”に、ドルトムントのファンは「裏切り者」と激しく非難した。

 バイエルン加入後は次第に出場機会を得られなくなり、今夏の移籍市場での退団が有力視されていた。恩師であるユルゲン・クロップ監督が率いるリヴァプールへの移籍も噂されていたが、 3年ぶりの古巣復帰が決定した。

SOCCER KING

最終更新:7月21日(木)19時46分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]