ここから本文です

羽海野チカ原作アニメ「3月のライオン」10月スタート 河西健吾などメインキャスト発表

CDジャーナル 7月22日(金)17時13分配信

 10月からNHK総合で放送される、漫画家・羽海野チカの原作アニメ「3月のライオン」。17歳のプロ将棋棋士である主人公“桐山 零”役を演じる河西健吾ほか、桐山と交流を持つ川本3姉妹役の茅野愛衣(川本あかり)、花澤香菜(川本ひなた)、久野美咲(川本モモ)などメインキャストが発表されました。

 「ハチミツとクローバー」などで知られる漫画家・羽海野チカが“将棋”の世界を舞台に描き、現在は11巻まで単行本が発売されている「3月のライオン」(白泉社「ヤングアニマル」連載中)。2011年〈第4回マンガ大賞2011〉・〈第35回講談社漫画賞(一般部門)〉、2014年〈第18回手塚治虫文化賞(マンガ大賞)〉、2015年〈「ダ・ヴィンチ」『BOOK OF THE YEAR2015』(コミック部門第1位)〉と各賞を受賞、来年の春には2部作での実写映画化も決定しています。

 待望のアニメ放送について主人公“桐山 零”役を演じる河西健吾は、「今回『3月のライオン』という素晴らしい作品の、しかも主演をやらせていただけるという事で大変嬉しく思います。オーディションのお話をいただいた時もこれはやりたい!と思っていたので、マネージャーから決まったよと言われた時は凄く驚きましたね。原作は読んでいて、絵の雰囲気やキャラクター1人1人の個性も面白く、真剣な場面やギャグな場面、そんなメリハリが明確に分かれていて、読んでいて本当に面白い作品だなと思っていました。来年には実写の映画もやるとの事ですが、アニメ版も僕なりの桐山零くんを演じていきたいと思いますので、これから『3月のライオン』をどうぞ宜しくお願いいたします」とコメントを寄せています。

最終更新:7月22日(金)17時13分

CDジャーナル