ここから本文です

GLIM SPANKY、新作『Next One』がiTunesチャートで初のベスト3入り

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月22日(金)0時38分配信

新曲「怒りをくれよ」が、7月23日公開映画「ONE PIECE FILM GOLD」主題歌に大抜擢され、さらに10月8日公開、湊かなえ原作の映画「少女」主題歌に新曲「闇に目を凝らせば」が決定、大きな話題を呼んでいるGLIM SPANKY。7月9日のワンマンライブでは、来場したいとうせいこうから「エイミー・ワインハウス以来だ」と大絶賛され、超満員の観客を圧倒したのも記憶に新しいところだ。

【詳細】他の写真はこちら

さらに先日、TBS「音楽の日」とフジテレビ「FNSうたの夏まつり」に生出演し、新曲「怒りをくれよ」を披露。ネット上でもYahoo!リアルタイムランキングで1位を獲得するなど勢いを増している。

そんなGLIM SPANKYの2ndアルバム『Next One』が、いよいよ7月20日にリリースされた。

先がけてiTunes総合アルバムチャートで3位、iTunesロックアルバムチャートでは1位を獲得。デビュー以来初の総合ベスト3入りを果たした。さらにオリコンデイリーCDアルバムランキング7位(7月19日付)を獲得しデビュー以来初のベスト10入り。デジタル、CDセールスでも勢いのある数字を出している。

そして、アルバム発売を記念して、発売日の7月20日にタワーレコード新宿店にてアコースティックミニライブを開催。場内には先着で集まった300人の観客が所狭しと詰めかけ、従来のファンはもとより新しくファンとなった人も来ている様子だ。

ミニライブでは、映画主題歌「怒りをくれよ」「闇に目を凝らせば」の2曲を含む、全4曲を披露。先日のライブさながら、観客を大いに盛り上げた。

ライブを終えて、松尾レミは「すごくいい雰囲気のなか、ライブが始まり、曲と共にお客さんが一体になってくれて、すごく楽しかったです。とてもリラックスしてできました。このような空間でライブができて良かったです」とコメントし、亀本寛貴は「短い時間でしたが、とても楽しくできて、皆さんと顔合わせをし、握手をすることができて良かったです」とコメント。

さらに、アルバム『Next One』の発売に対して、松尾レミは「本当に好き勝手にやって、とても良いものができたと思います。ロック好きな人も、ロックを聴いたことない人も、ぜひ聴いてもらいたいし、みんなの生活に寄り添えるアルバムになればうれしいです」とコメント。亀本寛貴は「SNSも含めネット上で、“買ったよ~”“聴いたよ~”などの作ったものに対する感想を見ると、とてもうれしいです」と話した。

SNS上でも「すべての曲がかっこいい」「ワンピース早く観たい!」「<闇に目を凝らせば>ヤバすぎる! 早くも名曲の予感!」「人に薦めたいアーティスト」など、たくさんの書き込みがされていた。

今後、『Next One』発売記念のスペシャルアコースティックライブは、名古屋・大阪・札幌での開催が決まっている。

また、映画「ONE PIECE FILM GOLD」オリジナルサウンドトラックのiTunesプレオーダーもスタート。映画劇中曲「GOLD & JIVE~SILVER OCEAN」(歌:満島ひかり/山路和弘)も先行配信中だ。

全国各地に人気が確実に広がり、飛ぶ鳥を落とす勢いをみせるGLIM SPANKY。今後の動きから目が離せない。

PHOTO BY Tomomi Chijiiwa

リリース情報
2016.07.20 ON SALE
ALBUM『Next One』

GLIM SPANKY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glimspanky.com/

最終更新:7月22日(金)0時38分

M-ON!Press(エムオンプレス)