ここから本文です

グッチ・メインがドレイクやカニエら参加の新作で復活 ドレイクとのコラボ作も準備か

bmr.jp 7月22日(金)22時50分配信

グッチ・メインがドレイクやカニエら参加の新作で復活 ドレイクとのコラボ作も準備か

グッチ・メインがドレイクやカニエら参加の新作で復活 ドレイクとのコラボ作も準備か

およそ2年半ほどの服役を経て今年5月に出所した米アトランタの人気ラッパー、グッチ・メインが、メジャーからのリリースとしては実に5年以上ぶりとなるニュー・アルバム『Everybody Looking』を7月22日に発売した。

2013年9月に、既決重罪犯(すでに重罪の判決が出ている者)による銃火器の所持、武器を隠して携帯していたこと(※銃を見えないように携帯することは州によって違法となる)、大麻所持など複数の罪状により逮捕されたグッチ・メインは、最大で10年の刑が下る可能性があったが、2014年に司法取引を行い、およそ3年の懲役刑に。収監中も、ミックステープを中心に大量にリリースを続け、2014年、2015年ともに10作以上を発表するなど存在感を示していた彼は、今年9月30日の出所予定だったが、当初の予定日から4ヶ月ほど早く、5月26日に自由の身に。

翌日には、盟友マイク・ウィル・メイド・イットがプロデュースした新曲“First Day Out Tha Feds”を発表するなど早々にカムバックに動きだしたグッチ・メイン。自身のレーベル 1017 Recordsにひっかけて5月27日の午前10時17分に新曲を発表した彼は、当初は同午後10時17分に同名のミックステープを発表するとアナウンスしていたが、1日でsoundcloudの再生回数が100万回を超えるなど、彼のカムバックへの注目度の高さゆえか、この計画を翻し、ニュー・アルバムの制作へ。Atlantic Recordsと再契約し、メジャー・レーベルからのスタジオ・アルバム発表としては2011年の『The Return Of Mr. Zone 6』以来5年以上ぶりとなる新作『Everybody Looking』を完成させた。

まだ自宅謹慎中ということもあって、先行公開されていたミュージック・ビデオでは自宅を舞台にしていたグッチ・メインだが、収監中に50パウンド、およそ22kgも体重が落ちたとのことで、ビデオで見せたスリムな姿も話題になっているが、マイク・ウィル・メイド・イットが全面プロデュースする新作『Everybody Looking』にはドレイク、カニエ・ウェスト、ヤング・サグと豪華ゲストが駆けつけ、カムバックを祝している。

発売を記念して、発売日の7月22日には地元アトランタの[Fox Theatre]で〈Gucci Mane & Friends〉と題したコンサートも開催予定だが、グッチ・メインのカムバックはこれだけに留まらない。ヤング・サグとの“Guwop Home”など『Everybody Looking』で大半の共同プロデュースに名を連ねるゼイトーヴェンが明かしたところによると、ドレイクとのコラボレーションEPの制作が進められているとか。また昨年には、ディプロとのコラボレーションによる「EDMアルバム」が企画されているとグッチ・メインから発表されており、華々しい話題が続くことになりそうだ。

1. No Sleep (Intro)
2. Out Do Ya
3. Back On Road - Gucci Mane & Drake
4. Waybach
5. P**** Print (feat. Kanye West)
6. Pop Music
7. Guwop Home (feat. Young Thug)
8. Gucci Please
9. Robbed
10. Richest Nigga In The Room
11. 1st Day Out Tha Feds
12. At Least A M
13. All My Children
14. Pick Up the Pieces (Outro)
15. Multi Millionaire Laflare (Bonus Track)

最終更新:7月22日(金)22時50分

bmr.jp