ここから本文です

【パンクラス】リベンジ&王座防衛に挑む石渡伸太郎「フィニッシュは描けている」

イーファイト 7月22日(金)7時10分配信

 7月24日(日)東京・ディファ有明で開催されるMMA(総合格闘技)イベント『PANCRASE 279』にて、パンクラス・バンタム級王座の防衛戦に臨む王者・石渡伸太郎(CAVE)と挑戦者ジョナサン・ブルッキンズ(アメリカ)のタイトルマッチ調印式が、21日(木)都内にて行われた。

【フォト】石渡に長い腕で絡み付きチョークを仕掛けるジョナサン

 2014年11月に一度対戦している両者。その時は、ジョナサンの長いリーチから繰り出されるパンチで石渡は1Rから左目が腫れ、3Rにはチョークスリーパーを極められかけるなどして石渡が判定で敗れている。

 調印式に先立ち行われた会見で、石渡は「ベルトはこちら側にありますが、前回は僕が負けています。強い選手に挑戦するという気持ちと、ボコボコにしてやろうという気持ちの両方があります」とリベンジに対する思いを口にする。一方、笑顔でリラックスした様子のジョナサンは「日本で戻ってくることが出来て嬉しいです。そして、タイトルマッチの機会を与えてもらえたことに感謝しています」と挨拶した。

 お互いの印象について、ジョナサンは「素晴らしいファイターだと思います。戦うことが出来て光栄です」と笑顔で回答。すると、石渡は「前回の試合でジョナサンの平和な空気に騙されたので(笑)。今回はそれに乗らないです」と気を引き締めた。

 戦略を尋ねられると、ジョナサンは「はっきりとしたことは試合をするまでは分かりません。でも、良い試合が出来ると思っています。自分のパフォーマンスを発揮するだけです」と、自分の力を出すことに集中している様子。対する石渡は「フィニッシュは頭の中で描けているので、それは当日見て下さい」と、勝利に自信をのぞかせた。

 UFCファイター育成番組「TUF 12」のトーナメントで優勝し、その後UFCで4戦を経験したジョナサン。石渡戦後はジョルジュ・サンピエールが所属するカナダのTristar Gymに移籍し、さらに腕を磨いている。

 一方、現在2連勝中の石渡は、昨年12月には日本人に無敗を誇っていたビクター・ヘンリーを破って3度目の防衛に成功している。今回は2試合続けてのタイトルマッチ。果たして、リベンジ&4度目の防衛成功なるか。

最終更新:7月22日(金)7時13分

イーファイト