ここから本文です

スティング、エネルギッシュでノイジーなニュー・アルバム『57th&9th』を11月にリリース

CDジャーナル 7月22日(金)17時13分配信

 ピーター・ガブリエルとのダブルヘッドライナーを敢行中のスティング(Sting)がニュー・アルバム『57th & 9th』(輸入盤)を11月11日(金)に発売します。収録曲や日本盤のリリースなど、詳細は未定。

 2013年の前作『ザ・ラスト・シップ』はミュージカルのために書き下ろした楽曲を収録、クラシックの名門レーベルであるドイツ・グラモフォンからリリースされた2009年の『ウィンターズ・ナイト』はトラディショナルを中心にクラシックの歌曲も歌うなど、ここ数作は穏やかな曲調のアルバムが続いていましたが、7月20日に公開されたティーザーで、スティングは新作がロック・アルバムになると語っています。

 「新作にはさまざまなタイプの音楽が盛り込まれているけど、大半はロックンロールなんだ。探求、旅、道などをテーマにしている。洗練されているというよりは、ゴキゲンな演奏なんだ。エネルギーに満ちていて、ノイジー(笑)、そんなアルバムになってるよ」

最終更新:7月22日(金)17時13分

CDジャーナル