ここから本文です

『ズートピア』のキャラクターたちの魅力を紹介!特別映像

cinemacafe.net 7月22日(金)10時0分配信

日本国内だけでも興行収入75億円を超え、世界中で大ヒットとなった『ズートピア』が、8月10日(水)よりデジタル先行配信を開始する。その配信を前に、大人気キャラクターの特別紹介映像が到着した。

この記事のほかの写真

動物が人間のように暮らす大都会、「ズートピア」。誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るウサギのジュディ。夢を忘れた詐欺師、キツネのニックを相棒に彼女は奇跡を起こすことができるのか…? “夢を信じる勇気”にエールを贈る、大人も子どもも大満足の感動ファンタジー・アドベンチャー。

ウォルト・ディズニー生誕115周年であり没後50周年という記念すべき年に公開した、ディズニー・長編アニメーション第55作目となる『ズートピア』は、全世界興収10億ドル突破の大ヒット。「子どもから大人まで楽しめる!」「意外と大人向き」「ズートピア、深い!」と話題沸騰。

今月15日(金)をもって全劇場・全スクリーンでの上映を終了した本作。このほど到着したのは、これを見ればきっと『ズートピア』を見たくなるような作品キャラクターたちの魅力がつまったキャラクター紹介映像。「ズートピアニュース!」と題された本映像では、まずはじめにズートピア初のウサギの警察官となった主人公・ジュディを紹介! ズートピア警察署に勤務しているのは、サイやカバなど大型動物ばかりだが、その中でもジュディはひるまず、小さい体ながらも努力してどんなことにも勇敢に立ち向かっていく。小回りがきく身軽さを武器に町の平和を守るために奮闘する姿をこの映像でも見ることができる。

続いて登場するのは、夢を忘れてしまった詐欺師キツネのニック。キツネとウサギは天敵同士ということもあり、はじめは分かり合えなかったニックとジュディだが、ニックが自分の過去を打ち明けたことで、2人は意気投合。ずる賢く皮肉屋だが、陽気でどこか憎めない性格が魅力的で、SNS上では「ニックに惚れた!」という声で話題の人気キャラクターだ。

そして、最後に紹介するのはスローな動きをするナマケモノのフラッシュ。ズートピアの免許センター職員として働いているフラッシュのもとに、ジュディたちは急いで作業を頼みにきたが、パソコン入力から話し方、笑い方まで、フラッシュは驚異的な超スロー・ペースを崩さない。あまりにもゆっくりのため、電車で下車しようと思った駅で降り損ねてしまうなどユーモア満載だ。

元々の動物たちの習性をキャラクターに生かし、異なる種の動物たちが共存することの喜びや豊かさを語る一方で、偏見や多様性といった人間界にも共通する深いテーマを盛り込んだストーリー展開で大いに称賛された本作。そんなひとりひとり特徴のあるキャラクターたちをこちらから覗いてみて。きっと『ズートピア』の世界に入りたくなるはず。


『ズートピア』は8月10日(水)より先行デジタル配信開始、8月24日(水)よりMovieNEX発売、Blu-ray/DVDレンタルも同日開始。

最終更新:7月22日(金)10時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。