ここから本文です

ロメロ!人体パズル!人食いゾンビの狂宴!ホラー8作品が初Blu-ray化

映画ナタリー 7月22日(金)0時0分配信

傑作ホラーをBlu-ray化するホラー・マニアックスシリーズ第9期のラインナップ全8作品が発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

11月2日には美女の体がパズルのように切断されるスプラッター作品「ブラッド・ピーセス / 悪魔のチェーンソー」とデヴィッド・クローネンバーグの初期作品「ラビッド」、12月2日にはハーヴェイ・カイテル出演のSFホラー「スペース・サタン」とマカロニゾンビ映画の帝王ルチオ・フルチによるスリラー「マッキラー」がリリースされる。

そして2017年1月6日には高知能のサルが人間を襲うジョージ・A・ロメロ監督作「モンキー・シャイン」とオムニバスホラー「世にも怪奇な物語」、2月2日には10万匹のゴカイがアメリカの田舎町を食い尽くす「スクワーム」と人食いゾンビの狂宴を描いた「ゾンビ3」が発売される。すべてHDリマスター版で、価格は各5184円。

なおこれらの中から4作品以上を購入すると、「ブラッド・ピーセス / 悪魔のチェーンソー」「マッキラー」のサウンドトラックCDがプレゼントされる。応募方法は商品に封入されるハガキにてご確認を。

最終更新:7月22日(金)0時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。