ここから本文です

心優しい巨人の正体とは? スピルバーグ新作『BFG』新映像公開

ぴあ映画生活 7月22日(金)18時0分配信

スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』の本編映像が公開になった。本作は、少女ソフィーと心優しい巨人(BFG)の交流を描いた作品で、BFGは“夢の配達人”をしているようだ。

公開された本編映像

映画の主人公ソフィーは、英国の孤児院で暮らし、夜になって周囲が寝静まってから建物中を冒険する好奇心旺盛な女の子だ。ある日、彼女は街を歩く巨人を窓から発見したことをきっかけに、心優しい巨人=BFGの暮らす世界に誘われる。

このほど公開されたのは、BFGの家で、ソフィーがBFGに“彼の秘密”を教えてほしいと頼むシーン。彼の家には美しい光を放つビンがあちこちに置かれているが、このビンにつまっているのは“夢”で、BFGはこれを集め、調合し、子どもたちが眠っている間に吹き込んで、素敵な夢を見せてあげる役割を務めているらしい。この夢はある場所で捕まえているようで、ソフィーは一緒にいきたいと頼むが、BFGは外が危険なので、ソフィーにとどまるよう説得する。

BFGはソフィーが手に乗ってしまうほど大きいが、その笑顔はどこまでも穏やかで優しく、人間の話し方に慣れていないのか、ところどころ“言いまつがい”をしてしまう微笑ましい面も持っている。BFGを演じるのは、舞台俳優として絶大な地位を築き、先ごろ、オスカーも受賞した名優のマーク・ライランス。彼の繊細な演技にも注目だ。

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』
9月17日(土) 全国ロードショー

最終更新:7月22日(金)18時0分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。