ここから本文です

ついに今夜!『バケモノの子』ノーカットで地上波初放送

cinemacafe.net 7月22日(金)12時10分配信

役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すずら豪華俳優陣が声優を担当、2015年夏の邦画No.1ヒットを記録した細田守監督作『バケモノの子』が7月22日(金)今夜の「金曜ロードSHOW!」で本編ノーカット地上波初放送される。

【画像】『バケモノの子』場面写真

『劇場版デジモンアドベンチャー』シリーズや2005年の『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』を手がけた細田監督は、2006年に公開した『時をかける少女』が世界的な評価を獲得。その後2009年には『サマーウォーズ』、続く2012年には『おおかみこどもの雨と雪』を監督、いまや“ポスト宮崎駿”と評されている。

そんな細田監督の最新作となる本作は、2015年7月11日に公開されると観客動員数459万人を記録し、2015年夏の邦画No.1ヒットを記録。第39回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞したほか、サン・セバスチャン国際映画祭にてアニメーション映画として初のコンペティション部門に選出されるなど、49の国と地域で配給され世界各地で上映中。第25回日本映画批評家大賞アニメーション部門でも作品賞を受賞するなど各所で高く評価されている。

母親を亡くしひとりぼっちとなってしまった少年・九太は、「強さ」を求めて、バケモノたちが住む「渋天街」に迷い込み、乱暴者のバケモノ・熊徹らとの出会いと修行の日々を通じて「本当の強さ」とは何かを学んでいく。月日が経ち、たくましい青年へと成長した九太は、現実の世界で同い年の少女・楓に出会い、無限に拡がる可能性という「新しい世界」の魅力に強くひかれていくのだが、その新しい道を進むためには、突如巻き起こった、現実世界と渋天街の両方を崩壊させかねない大きな事件を乗り越えなければならないのであった…。

本作はキャストも豪華。主人公のクマ顔のバケモノ熊徹役には役所広司、熊徹の弟子となる九太の少年期を宮崎あおい、青年期を染谷将太。ヒロインの楓役には広瀬すず、猿顔のバケモノ・多々良役には大泉洋、豚顔の僧侶・百秋坊役にリリー・フランキーと人気俳優が顔を揃え、さらに津川雅彦、黒木華、宮野真守、山路和弘、山口勝平ら超豪華な俳優、声優陣が脇を固めた。

日本が世界に誇る傑作アニメーションを、劇場で観た人も、あの感動をノーカットで存分に堪能しては?

金曜ロードSHOW!『バケモノの子』は7月22日(金)21時~日本テレビにて放送。

最終更新:7月22日(金)12時10分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。