ここから本文です

台湾向けリピート通販システム「スマイルツールズ 台湾」に後払い決済「後付款」を導入

ネットショップ担当者フォーラム 7月22日(金)12時1分配信

通販コンサルのペンシルは7月21日、リピート通販システムを提供するアンダスと共同開発している台湾向け単品リピート通販専用ショッピングカート「スマイルツールズ 台湾」に、後払い決済サービス「後付款(アフターペイ)」を導入した。台湾越境EC向けショッピングカートとしては初の後払い決済の導入という。

「スマイルツールズ 台湾」は2016年6月にサービスを開始した台湾向け単品リピート通販専用のショッピングカートシステム。ペンシルの台湾におけるウェブマーケティングノウハウを反映、必要な機能だけを搭載したツールとして提供している。

「後付款(アフターペイ)」はトライリンクアジアの台湾子会社「が提供する台湾発の後払い決済サービス。購入者が購入代金を支払わない場合、代金を「が立て替えてEC事業者へ支払う仕組み。

今回、「後付款」のサービス開始にあわせて「スマイルツールズ 台湾」での導入が決まった。

台湾では現在のところ、ネット通販の商品を後払い決済で購入する文化はない。ペンシルでは日本と同様、「クレジットカードを持っていないから購入できない」「越境ECは不安だから前払いはしたくない」といった不安が潜在していると見ている。

後払い決済の導入で、カートを利用するEC事業者の売上アップにつながると推測。今回の提携で後払い決済文化を台湾で創造していきたいとしている。

最終更新:7月22日(金)12時1分

ネットショップ担当者フォーラム

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。