ここから本文です

やっぱり厳しすぎた?出願条件見直しか…東大と京大が推薦・特色入試の募集要項を公表

リセマム 7月22日(金)18時45分配信

 東京大学と京都大学は、平成29(2017)年度の推薦・特色入試の募集要項を公表した。募集人員は、東大100名、京大145名。志願者が少ない要因とも指摘された国際科学オリンピックに関する出願要件は、京大が一部を除き削除、東大も例示の表現にとどめている。

表:東京大学推薦入試の募集人員

 東京大学の平成29年度推薦入試は、前年度と同じく全10学部において100人程度を募集する。各校が推薦できる人数は、男女各1名までという推薦要件は前年度から変わっていない。出願にあたっては、学校長による郵送の出願に加え、志願者がインターネットを利用して入学志願票の必要項目を登録するプロセスが追加される。

 国際科学オリンピックでの顕著な成績という推薦要件については、経済学部で「例示」と明記するなど、推薦要件の該当例として示す表現にとどまっている。

 出願期間は、11月1日から4日。12月1日に第1次選考結果発表、12月17日と18日に面接などを実施し、大学入試センター試験を経て、平成29年2月8日に最終合格者を発表する。

 京都大学の平成29年度特色入試の募集人員は、前年度より多い145人。後期日程として実施する法学部を含め、全10学部で実施する。学科数は、平成28年度の14学科から、平成29年度は19学科に拡大される。

 出願期間は、教育学部、理学部、医学部人間健康科学科が10月3日から7日、それ以外の学部・学科(法学部を除く)が11月1日から7日となっている。

 国際科学オリンピックに関する推薦要件は、工学部3学科で削除。医学部医学科において、飛び入学対象となる高校2年生に限り、日本代表として世界大会に出場していることを推薦要件として示している。

《リセマム 奥山直美》

最終更新:7月22日(金)18時45分

リセマム