ここから本文です

山下洋輔が率いるスペシャル・ビッグバンドが記念公演を開催!!

チケットぴあ 7月22日(金)17時48分配信

世界的ジャズ・ピアニストの山下洋輔と、15名の凄腕ミュージシャン、計16名によるスペシャル・ビッグバンドが、今年で結成10周年を迎える。節目の年にふさわしく、今回のサントリーホール公演は、ガーシュウィンの《ラプソディ・イン・ブルー》と、ドヴォルザークの交響曲第9番《新世界より》をメインに据えた豪華なプログラム。

【チケット情報はこちら】

オープニングでは、山下の書き下ろし曲を、注目の若手ジャズ作曲家、挾間美帆がアレンジした《Knockin’ Cats(ノッキン・キャッツ)》を世界初演することでも話題になっている。

「猫が扉を叩く姿をイメージした楽曲で、ビッグバンドの15名を紹介するために作曲しました。最初に登場するのは、ハイノート・ヒッターとしておなじみのトランペット奏者、エリック宮城。彼は最初から派手にかましてくれることでしょう(笑)」と山下。

スペシャル・ビッグバンド結成のきっかけについては、「ジャズとクラシックを融合した作風で知られるアメリカ音楽の開祖、ガーシュウィンの最高傑作として名高い《ラプソディ・イン・ブルー》。オーケストラとの共演では何度も演奏したことがあったのですが、僕はかねがね、ジャズのビッグバンドでこの傑作を弾くことは“特別な”意味があると思っていました。それを実現するために結成したのが、このバンドなんです。ビッグバンド版で《ラプソディ~》を演奏する、原曲にはない醍醐味は数多いですが、その最たる例が、最後のカデンツァ・ソロだと思いますね。今回は、僕のピアノと、高橋信之介のドラムが激しくやり合います(笑)」

そしてもう1曲、今回のメインを飾るのが、アメリカで活躍したチェコの作曲家、ドヴォルザークの交響曲第9番《新世界より》だ。

「《新世界より》をこのビッグバンドで演奏するのは2年ぶり。前回と同じ松本治の編曲で全4楽章をお届けします。彼は、我々のバンドのトロンボーン奏者で、この楽曲と《ラプソディ~》では指揮者を務めるマルチな才能の持ち主。今回は、エリックのトランペットと、中川英二郎のトロンボーンが繰り広げる楽しい丁々発止や、第2楽章《家路》で、池田篤のアルトサックスが奏でるこの上なく美しいソロなど、日本ジャズ界きっての腕達者たちの饗宴を存分にお楽しみください!」

■山下洋輔スペシャル・ビッグバンド 10周年記念コンサート
7月28日(木) サントリーホール 大ホール(東京都)開演19時

取材・文:渡辺謙太郎

最終更新:7月22日(金)17時48分

チケットぴあ