ここから本文です

自動車保険事故対応の満足度調査、ソニー損保が2年連続トップ…JDパワー

レスポンス 7月22日(金)9時0分配信

J.D.パワーアジア・パシフィックは7月21日、「2016年日本自動車保険事故対応満足度調査」の結果を発表した。

[関連写真]

自動車保険事故対応満足度調査は、自動車保険(任意保険)に加入する顧客のうち、過去2年以内に契約先の保険会社に事故連絡(保険金請求)をした際の保険会社の事故対応について満足度を調べたもの。

満足度の測定にあたっては、「事故受付体制」「事故対応担当者」「調査/認定結果」「修理サービス」「代車/レンタカーサービス」「保険金支払」の6つのファクターを設定し、各ファクターの総合満足度に対する影響度をもとに、総合満足度スコア(1000ポイント満点)を算出した。

調査結果によると、ソニー損害保険が総合満足度スコア705点となり、2年連続で1位となった。同社は「事故受付体制」「事故対応担当者」「保険金支払」の3つのファクターでトップとなっている。2位は富士火災海上保険で、「事故対応担当者」はソニー損保と同スコアでトップ、さらに「調査/認定結果」でもトップとなっている。3位はチューリッヒ保険会社で、「事故受付体制」「事故対応担当者」「調査/認定結果」「保険金支払」において、業界同等以上の評価となっていた。

以下、4位は686ポイントで損保ジャパン日本興亜、5位は684ポイントでAIU、6位は678ポイントの東京海上日動火災保険だった。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月22日(金)9時0分

レスポンス