ここから本文です

アユ釣り手応え十分 魚野川

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 7月22日(金)13時58分配信

 魚沼市の魚野川がアユ釣りシーズンを迎え、にぎわっている。早朝から県内外の太公望が川に繰り出し、この時期にしては大きなアユの手応えを楽しんでいる。

 アユ釣りは10日に解禁。魚沼漁業協同組合(魚沼市)によると、ことしは110万500匹を放流した。水温が高かったことなどから成育が進み、豊漁だった昨年よりもサイズが2・5センチ程度、重さは約25グラム重いという。

 釣り人は、川の中を歩き回り、アユが多くいるポイントを探索。おとりのアユを縄張りに送り、追い払おうと寄ってくる野アユを針に掛ける「友釣り」を楽しんでいた。

 4時間で20匹を超える釣果をあげた魚沼市の男性(59)は「例年は8月に釣れるアユのサイズだ。秋には30センチ以上の尺アユが期待できそうだ」と話した。

最終更新:7月22日(金)13時58分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ