ここから本文です

【ベトナム】ダイキン、北部で家庭用エアコン生産へ

NNA 7月22日(金)8時30分配信

 ダイキン工業は、100億円余りを投じ、北部フンイエン省の第2タンロン工業団地(TLIP2)で家庭用エアコンを生産する。2018年に工場を稼働させ、ベトナム国内に出荷する見通しだ。
 ベトナムでは現在、主にタイから輸入した家庭用エアコンを現地販売法人が販売しているが、TLIP2に工場を設置することで国内の旺盛な需要に応える。
 18年の稼働当初は年50万台程度を生産して北部に供給する。ベトナムでダイキンは販売の6割程度を北部が占める。20年ごろまでに生産を年100万台に引き上げ、ベトナム全土で販売する。タイ工場で製造されるエアコンは、他のアジア市場などに振り向ける。業務用エアコンなどは引き続きタイ工場から調達する。

最終更新:7月22日(金)8時30分

NNA

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。