ここから本文です

『ポケモンGO』と日本マクドナルドがコラボ! 国内のマクドナルド全店舗がジムやポケストップに

ファミ通.com 7月22日(金)11時31分配信

●マクドナルドで、ジムバトルができたり、アイテムが手に入ったりする!
 日本マクドナルドが、スマートフォン用アプリ『Pokemon GO』(ポケモンGO)と単独ローンチパートナーシップを締結したことを発表。これにより、国内のマクドナルド全店舗(約2900店舗)が、同ゲーム内の特別な場所である“ジム”や“ポケストップ”として登場する。

----------

 日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)とNiantic, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジョン・ハンケ)と株式会社ポケモン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原恒和)は、7月22日(金)公開の、ポケモン、NianticによるiOS/Android向けアプリ『Pokemon GO』 (読み方:ポケモン・ゴー)とのコラボレーションを実施することを発表します。単独ローンチパートナーとして、国内のマクドナルド全店舗(約2,900店舗※)が同ゲーム内の特別な場所である「ジム」や「ポケストップ」として登場します。
※一部店舗を除く

 『Pokemon GO』は、位置情報を活用したモバイル向けのゲームアプリケーションであり、現実世界そのものを舞台として、プレイヤーが実際に家の外に出てポケモンを捕まえたり、バトルしたりするといった体験ができるゲームです。プレイヤーの位置情報とゲーム内の位置情報が連動しており、プレイヤーが現実世界を移動すると、ゲーム内でも同様に移動する点が特徴です。プレイヤーが現実世界を歩くことでゲームが進んでいくため、「リアルワールドゲーム」と呼ばれている注目のゲームジャンルです。

 今回のコラボレーションは、『Pokemon GO』の中で、国内のマクドナルド全店舗(約2,900店舗)が、さまざまなアクションができる場所としてゲーム上のマップに登場します。約400店舗は他プレイヤーのポケモンと戦う「ジムバトル」などが行われる「ジム」となります。残る約2,500店舗が対象の「ポケストップ」では、プレイヤーはモンスターボールなどのゲームを進める上で必要となるさまざまな道具を手に入れることができます。 

 マクドナルドのお客様には、店舗での楽しみの一つとして活用していただくこと、また『Pok?mon GO』のプレイヤーの方にも、マクドナルドに立ち寄るきっかけとしていただけることを狙いとしています。マクドナルドはこれからも、“Fun place to go”(マクドナルドに行けば何か楽しいことがある)を理念として、マクドナルドならではの商品・サービスのご提供やキャンペーンの実施に努めてまいります。

■コラボレーション内容
国内のマクドナルド全店舗(約2,900店舗※)のうち、約400店舗が「ジム」、約2,500店舗が「ポケストップ」として、『Pok?mon GO』のアプリ内で表示されます。※一部店舗を除く

◆「ジム」と「ポケストップ」の役割

ジム:プレイヤーたちは、3つのチームに分かれてバトルを繰り広げ、「ジム」を取り合います。プレイヤーはどれか1つのチームに参加すると、「ジム」に所属することができるようになります。自分と同じチーム(『仲間チーム』)のプレイヤーと協力しながら、『仲間チーム』の「ジム」を守ることや、相手のチームのジムを攻略することができます。

ポケストップ:公共のアート作品、歴史的なスポット、博物館や遺跡など、人々が関心を持つような場所(ランドマーク)が 指定され、プレイヤーが近づいてタップするとモンスターボールなどの道具やポケモンのタマゴが手に入ります。


<お願い>
・ゲームをお楽しみいただく場合は歩きながらの操作はおやめください。
周りのお客様にご迷惑にならないようにご配慮お願いいたします。

最終更新:7月22日(金)11時31分

ファミ通.com