ここから本文です

【NFL】胸筋断裂のDEブライアント、今シーズン中の復帰を諦めず

NFL JAPAN 7月22日(金)15時38分配信

 胸筋断裂の重傷を負ったクリーブランド・ブラウンズのディフェンスエンド(DE)デスモンド・ブライアントだが、今シーズン中の復帰を諦めていないようだ。

 ブライアントは『Cleveland.com』に対して「もちろん(今季中の復帰が)可能なことを願っているよ。リハビリに4カ月から6カ月だから不可能じゃない。できる限り早く復帰するためにやれることは何でもやるさ」と語っている。

 4カ月の時間と相当の幸運があれば、30歳のブライアントは11月にはフィールドに戻れるかもしれない。もっとも、ブライアントの契約は2017年まであるが来季の年俸は保証されておらず、ブラウンズが若返りを図って今オフに多くのベテランを放出したという事情も、ブライアントが復帰を急ぐ理由かもしれない。

 もしブライアントが復帰した場合、ブラウンズがどう動くかは見もの。今季の3-4隊形での先発DEは今年のドラフト3巡指名カール・ナッシブと昨年の3巡指名ゼイビア・クーパーという25歳以下の若手コンビが予想されているからだ。

<クリーブランド・ブラウンズ>

最終更新:7月22日(金)15時38分

NFL JAPAN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。