ここから本文です

日本マクドナルド、『Pokemon GO』と単独ローンチパートナーシップを締結~店舗がゲームに登場

MarkeZine 7月22日(金)19時30分配信

日本マクドナルド、『Pokemon GO』と単独ローンチパートナーシップを締結~店舗がゲームに登場

画像

 日本マクドナルドとNiantic、ポケモンは、7月22日に公開されたアプリ「Pokemon GO」とのコラボレーションを実施することを正式に発表した。単独ローンチパートナーとして、国内のマクドナルド全店舗(約2,900店舗)が同ゲーム内の「ジム」や「ポケストップ」として登場する。

【写真・画像】日本マクドナルド、『Pokemon GO』と単独ローンチパートナーシップを締結~店舗がゲームに登場

 今回のコラボレーションでは、「Pokemon GO」の中で、国内のマクドナルド全店舗(約2,900店舗)が、さまざまなアクションができる場所としてゲーム上のマップに登場する。ゲーム内では約400店舗が他のプレイヤーと戦える「ジム」に、残る約2,500店舗が、モンスターボールなどのゲームを進める上で必要な道具を入手できる「ポケストップ」になっている。

●ジムとポケストップの役割

 ジム:プレイヤーは一定レベルに達すると3チームのうちいずれかのチームに参加でき(チームに参加すると「ジム」に所属できる)、バトルを繰り広げて「ジム」を取り合う。自分と同じチーム(「仲間チーム」)のプレイヤーと協力しながら、「仲間チーム」の「ジム」を守ることや、相手のチームのジムを攻略することができる。

 ポケストップ:公共のアート作品、歴史的なスポット、博物館や遺跡など、人々が関心を持つような場所がポケストップに指定されている。プレイヤーが近づいてタップすると、モンスターボールなどの道具やポケモンのタマゴを手に入れることができる。

 「Pokemon GO」は、位置情報を活用したモバイル向けのゲームアプリケーション。現実世界を舞台にプレイヤーはポケモンを捕まえたり、バトルしたりできる。プレイヤーの位置情報とゲーム内の位置情報が連動しており、プレイヤーが現実世界を移動すると、ゲーム内でも同様に移動する点が特徴。

最終更新:7月22日(金)19時30分

MarkeZine

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]