ここから本文です

「ナインミュージスA」のメンバーはキョンリ・ヘミ・ソジン・クムジョ! 

WoW!Korea 7月22日(金)9時52分配信

韓国ガールズグループ「ナインミュージス」のユニット「ナインミュージスA(9MUSES A)」がついにベールを脱いだ。

 22日0時、所属事務所スター帝国側は「ナインミュージス」の公式SNSを通じて「ナインミュージスA」のメンバー4人とタイトル曲名が記されたティーザー写真を公開した。

 公開された写真には「ナインミュージスA」のメンバー、キョンリ・ヘミ・ソジン・クムジョが並んで横になっており、破格的なヘアスタイルとユニークさでファンタジーな感覚が込められたティーザーイメージを公開し、カムバックへの期待を高めた。

 続けてタイトル曲「唇に唇」は「ナインミュージス」の「DRAMA」を手掛けた作曲家チョン・チャンウクの曲で、レトロジャンルをベースにニューウェーブとEDMのジャンルであるメルボルンバウンスの要素が加味された軽快なダンス曲だ。

 所属事務所の関係者は「ユニットメンバー4人はナインミュージスの妹ラインで、“セクシードル(セクシーなアイドル)”、“センオンニ(強いお姉さん)”である完全体の雰囲気から少し離れ、少女の感性を加味した格別な姿に会うことができるだろう」とし「ヒョナ、ソンアも妹たちのユニット活動に対する企画会議に直接参加し、アイテムを提示するほど応援を惜しまなかった」と伝えた。来月4日に発表。

最終更新:7月22日(金)9時52分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。