ここから本文です

【NJKF】インター王座戦に臨むテヨン「明日は集大成」

イーファイト 7月22日(金)17時38分配信

 7月23日(土)東京・ディファ有明で開催される格闘技イベント『NJKF 2016 5th ~WBCムエタイ祭り~』の前日計量が22日(金)同所に行われた。

【フォト】会見に臨んだテヨンとマシアス

 メインイベント、WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級王座決定戦で対戦するWBCムエタイ日本統一スーパーライト級王者テヨン(キング)は63.5kg、マティアス・セブン・ムエタイ(イタリア)は63.45kgで計量を一発クリアー。

 念願のインター王座戦を前に7連勝中のテヨンは「相手のマティアス選手は凄く強い選手ですが、明日は自分の集大成。自分のスタイル、力を出し切る試合をしたい」と並々ならぬ意気込みを語る。今回勝てば、世界戦も見えてくるが「スーパーライト級ではまだやっていない強い選手がいるので世界戦のことはいえません。そういう選手と試合をしていきたい」と謙虚な姿勢を見せた。

 一方、マティアスは1992年12月19日生まれの23歳で、イタリア出身のムエタイファイター。現在タイの7ムエタイジムでトレーニングを積んでおり、2012年11月ルンピニースタジアムでは元WPMF世界スーパーフェザー級王者・中村敏射に判定勝ち、WBCムエタイでは2013年にスーパーフェザー級でインターナショナル王座に就いており、同年にはWPMF世界ライト級王座も獲得している。過去に来日経験があり、2010年4月のムエロークでは玲央(フォルティス渋谷)とドロー(当時のリングネームはマシアス・コンバット)。

 テヨンについてマシアスは「非常にフィジカルの強い選手だと思う」と印象をいい、「明日は皆さんが喜ぶような楽しい試合をしたい。インター王座を獲得して世界戦につなげたい」と抱負を語った。

最終更新:7月22日(金)17時38分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]