ここから本文です

『ベルセルク無双』エピソード“断罪篇”より“シールケ”、“セルピコ”が参戦!

ファミ通.com 7月22日(金)12時2分配信

●キャラクター個別アクションもチェック
 コーエーテクモゲームスは、2016年9月21日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『ベルセルク無双』について、最新情報を公開した。


 今回は、新たに判明した参戦キャラクター“シールケ”、“セルピコ”について紹介する。
 以下、リリースより。

----------

「断罪篇」ストーリー紹介
【あらすじ】
黒い剣士として旅に出たガッツは、使徒との死闘や、夜ごと襲われる悪霊との戦いで疲弊していた。
そこへファルネーゼ率いる法王庁「聖鉄鎖騎士団」が現れ、ガッツを包囲する。
彼らは黙示録の預言が示す「闇の鷹」がガッツであると考え、彼を追っていた。

ガッツは聖鉄鎖騎士団に捕らえられるが、ファルネーゼを人質に逃走する。
その途上、ガッツたちは悪霊に襲われる。
ファルネーゼはありえない事態に祈りの言葉すら浮かんでこない。
夜が明け、悪霊が鎮まるとファルネーゼは彼女の従者、セルピコに連れられ聖鉄鎖騎士団へ戻っていった。

ファルネーゼ達と別れたガッツは、キャスカに危機が迫っていることを知り、彼女を匿っていたゴドーの住処へ戻る。するとキャスカは一ヶ月ほど前に行方不明になっていた。

ガッツは彼女がいると思われる、聖地へ向かう。
その途上、敵に襲われていたイシドロを助けると、彼は以降ガッツにつきまとうようになる。
更に髑髏の騎士がガッツの目の前に現れ、断罪の塔で蝕が模されようとしていること、鷹の名を持つ者が現世に受肉しようとしていることを聞く。

断罪の塔では、異端審問官モズグスが邪教徒狩りを行い、その護衛の任に聖鉄鎖騎士団がついていた。
聖地に辿り着いたガッツは、ついにキャスカとの再会を果たすが、彼を危険視するセルピコの襲撃の隙に再び奪われてしまう。

キャスカが連行された断罪の塔の内部は悪霊で埋まり、彼女を処刑せんとするモズグスと戦闘になる。
彼は使徒擬(もどき)と化しており、化け物の姿となってガッツに襲いかかる。
モズグスとの死闘に勝利し、夜が明け悪霊が消え去ると断罪の塔は崩壊しており、髑髏の騎士の言葉通り、グリフィスが現世に復活した。

キャラクター
 魔女「シールケ」、ファルネーゼの従者「セルピコ」の2名がプレイアブルキャラクターとして参戦します。

【セルピコのアクション特徴】
レイピアでの攻撃はトップクラスの速さを誇る。
特定の攻撃では、風の元素霊(エレメンタル)の加護を授かったシルフェの剣に持ち替え、かまいたちでより遠くの敵も切り裂くことができる。

【シールケのアクション特徴】
地・水・火・風の元素霊(エレメンタル)の力を借りた魔法攻撃を行う。詠唱時間が長く隙も大きいが、絶大な威力・攻撃範囲を誇る、ハイリスク・ハイリターンなアクションが特徴。

ゲームの基本的な流れ
 ゲームは、基本的に「ベルセルク」のストーリーに沿って以下の3つの工程で進行します。また、「サブウェポン」を獲得する流れについても紹介します。

【1戦闘前イベント】
導入となるイベントによって、ガッツを取り巻く状況や、戦闘に到る経緯などが語られます。
状況:敵の猛攻により味方が押されている。参戦した国王は味方不利の戦況報告を受け、状況の打開を望む。

【2戦闘】一騎当千の無双アクションを楽しみます。間にイベントが挟まる場合もあります。
状況:プレイヤーの操作するガッツの活躍により、戦況の打開に成功!

【3戦闘後イベント】
イベントによって、戦闘を受けての結果や、次の戦闘への繋ぎの状況が説明されます。
状況:戦闘には勝利したものの、キャスカはガッツの作戦を無視した独断専行を激しく叱責する。

【サブウェポンの獲得】
ガッツはゲームの進行に応じて使用可能な装備が増えていきます。
例えば「黒い剣士」のガッツなら、「断罪篇」の途中、リッケルトから新しい装備の提供を受けるイベントを見ると、サブウェポン「炸裂弾」が使用可能になります。

最終更新:7月22日(金)12時2分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。