ここから本文です

米国ISIS、北の”秘密ウラン濃縮施設”を発見か

WoW!Korea 7月22日(金)9時58分配信

米国シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)は21日(現地時間)、北朝鮮の”秘密”ウラン濃縮施設と見られる場所を発見したと明かした。

 万が一、これがウラン濃縮施設と確認されれば、将来の北核協議に重大な問題になり得ると報じている。

 ISISはこの日、報告書を通して「同施設は、北朝鮮が核武器製造でウラン濃縮プログラムの初期段階に利用した可能性がある」と明かした。

 同件について、デイビッド・オルブライトISIS所長は「北朝鮮のウラン濃縮施設、また過去にどこで(その)一部がおこなわれたのか把握することが重要だ」と述べた。

 一方、北朝鮮は10年以上にわたり、ガス遠心分離機プログラムは「存在しない」と主張してきたが、去る2010年11月、寧辺(ヨンビョン)にガス遠心分離機施設の存在を認めた。しかし北朝鮮は当時、他の場所には同様の施設は存在しないと主張していた。

 なお、ISISは報告書で「今回発見された秘密施設に200~300個の遠心分離機がある」と主張している。

最終更新:7月22日(金)9時58分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。