ここから本文です

ドルトムント、ゲッツェに続きシュルレの加入も発表か 約35億円で決着?

ISM 7月22日(金)11時41分配信

 ドルトムントが、ドイツ代表FWマリオ・ゲッツェ(24)の獲得に続き、ヴォルフスブルク(以上ドイツ)から同代表FWアンドレ・シュルレ(25)を獲得することで、クラブ間合意に至ったようだ。現地時間21日(以下現地時間)の独『ビルト』紙(電子版)が報じている。

 ドルトムントは以前からシュルレ獲得をねらっており、契約締結は目前とみられていた。しかし、ヴォルフスブルクが4000万ユーロ(約46億6000万円)を求めているのに対し、ドルトムントは2500万ユーロ(約29億2000万円)を多少上回る程度の額を提示。金額の面で折り合いがつかなかったという。

 ビルト紙によれば、それでも両者は3000万ユーロ(約35億円)前後で合意に達したとのこと。22日にも公式発表の見込みだと伝えている。

 シュルレは2015年2月に加入したヴォルフスブルクで公式戦63試合に出場し、13ゴール10アシストを記録。現在、親友のゲッツェとカリフォルニアで休暇を過ごしており、ともに祝杯を上げているかもしれない。

最終更新:7月22日(金)13時59分

ISM