ここから本文です

『怪談』(1965年)監督:小林正樹 出演:三國連太郎、岸惠子、仲代達矢 第55回【名画プレイバック】

シネマトゥデイ 7月22日(金)10時0分配信

 日本各地に伝わる民話や怪談をまとめた、小泉八雲の同名短編集を映画化した『怪談』。四季を題材に原作から4話を選んでオムニバス映画として構成された本作は、ストレートな恐怖を目指す近年のホラー映画とはひと味違う、幻想的な世界が味わえる。(神武団四郎)

 第1話の「黒髪」は、若い侍とその妻の物語。映画は京のはずれの朽ちかけた屋敷の前から幕を開ける。カメラが静かに屋敷の門に近づくと、風が吹いて門扉が音も立てずに開いていく。ところがそこでカメラは門の手前でゆっくりと宙に浮き、そのまま門を跳び越え屋敷に入る。まるで幽霊の主観映像を見せられているようだ。季節は秋。荒れ放題の屋敷はあちこちにすすきが伸び、廊下には破れたすだれが揺れているが、かすかな風の音すら聞こえない。時折効果音とも音楽ともつかない“音”が短く響くだけ。第1話は映画そのものの導入でもあるが、夢とも現実ともつかない不可思議な映像は、観る者を静かに妖しい世界に運んでいく。

 この屋敷で暮らしているのが、仕事にあぶれた若い武士(三國連太郎)。貧しい日々に耐えかねた男は優しく献身的な妻(新珠三千代)を捨て、裕福な娘と再婚すると仕官として遠方へと旅立った。ところが新たな妻はわがままで冷たい性格の持ち主。しだいに男は一日中、かつての妻との思い出に浸るようになっていた。任期を終えると男は二度目の妻の元を去り、京の朽ちた屋敷に帰る。「黒髪」は映画オリジナルのタイトルで、原作は「和解」という。男が戻ると元の妻が出迎えて、詫びる男との再会を涙を流して喜んだ。実は女はすでにこの世の者ではなかったが、亡霊となっても姿を現し男を赦すというちょっと“いい話”。しかし映画では、男の哀れな最期が加わった。それは身勝手な男への復讐、あるいはあの世でも添い遂げたいと願う妻の情念とも取れ、その曖昧さが白黒はっきり付けたがる昨今の映画にはない味わいを醸している。

1/3ページ

最終更新:7月22日(金)12時26分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。