ここから本文です

<デジモンテイマーズ>ディーアークが約15年ぶり復刻 啓人、留姫モデルが登場

まんたんウェブ 7月22日(金)14時38分配信

 2001~02年に放送されたテレビアニメ「デジモンテイマーズ」の携帯液晶ゲーム機「ディーアーク」が、約15年ぶりに復刻されることが分かった。放送開始15周年を記念して、主人公・松田啓人カラー、ヒロイン・牧野留姫カラーの2種類が発売される。価格は各9990円。同ゲームと連動するカードセット「デジタルモンスターカードゲーム ディーアークver.15th Edition」(6480円)も発売される。バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約を受け付けており、2017年1月に発送予定。

【写真特集】懐かしのディーアークが復刻

 復刻されるゲーム機は、デジモンを育成する機能など01年発売時のモデルを再現。啓人カラーはレッドとシルバー、留姫カラーはブルーとシルバーを基調としたデザインとなっている。作中での進化演出も再現され、デジモンが成熟期、完全体の進化時に特定のカードを通すと、画面に「EVOLUTION_」「MATRIX EVOLUTION_」の文字が表示される。

 さらに、以前のモデルには収録されていなかったメギドラモンへの進化、サクヤモン(巫女モード)、クズハモン(巫女モード)を初めて収録。また、パートナーデジモンを強化する「プラグインカード」をプラスチック製で再現した。デジモンを進化させる力を持つブルーカード、初商品化となるレッドカードも付属する。

 カードセットには、当時の商品をイメージしたホロ仕様で再現したレアカード、新規描き下ろしカード、角度によってイラストが変わる3Dカード仕様のブルーカード、レッドカードなど65枚が収録される。

 「デジモンテイマーズ」は「デジモン」シリーズの3作目で、01年4月~02年3月に放送。デジモンが大好きな少年・啓人がギルモンと出会い、留姫や李健良と冒険する姿が描かれた。

最終更新:7月22日(金)14時38分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。