ここから本文です

【ドイツ】独首相、英国のEU離脱への準備期間受け入れ

NNA 7月22日(金)9時0分配信

 英国のメイ新首相は20日、初の公式訪問先ドイツでメルケル独首相と会談した。英国の欧州連合(EU)離脱問題については、正式な離脱交渉を年明け以降に開始する意向を示し、メルケル首相もこれを受け入れている。BBC電子版が伝えた。
 メイ首相は「道理にかなった秩序正しい離脱のあり方を確保するには時間がかかる」と説明。EU条約の第50条に基づく正式な脱退通告は、英国の方針が確定してから行う方針を示し、「年内には第50条を発動しない」と述べた。これに対し、メルケル首相は「英国には準備期間が必要で、現段階で正式な交渉が行われることは期待していない」と理解を示した。ただ、「一定のスケジュールは必要」と述べ、第50条発動に向けた方針の策定に着手するよう促した。
 メイ首相はまた、「英国はEU離脱後も緊密な経済関係の維持を望んでいる」と表明。メルケル首相も、「団結と友好の精神で今後の手続きを進める」との決意を示した。メルケル首相は英国のEU離脱交渉に最も大きな影響力を握るだけに、今回の会談に注目が集まっていたが、両女性宰相の初会談は終始和やかに進んだ。
 メイ首相は21日にはフランスを訪問し、オランド大統領と会談する。[EU規制]

最終更新:7月22日(金)9時0分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。