ここから本文です

【投資のヒント】最高益に向けて好スタートを切った銘柄は

ZUU online 7/22(金) 18:00配信

先月の中旬からスタートした小売り企業を中心とした2月期決算銘柄の第1四半期決算も先週で終わりました。そこで今回は最高益に向けて順調なスタートを切った銘柄を取り上げてみました。

具体的には最高益更新が予想される銘柄のなかから、中間期予想に対するこの第1四半期の営業利益実績の進捗率が50%以上となった銘柄をピックアップしてみました。

例えばディスプレー最大手の乃村工藝社 <9716> では、第1四半期実績の営業利益の中間期予想に対する進捗率が9割近くに上り、前期に続いての最高益更新に向けて好スタートを切った格好となっています。

また、ドトール・日レスホールディングス <3087> では2008年2月期以来9年ぶりの最高益に向けて、さらにアダストリア <2685> では2010年2月期以来7年ぶりの最高益に向けて順調なスタートとなっています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:7/22(金) 18:00

ZUU online

チャート

乃村工藝社9716
1587円、前日比-13円 - 12/8(木) 15:00

チャート

ドトール・日レスホールディングス3087
2127円、前日比-2円 - 12/8(木) 15:00

チャート

アダストリア2685
3120円、前日比-45円 - 12/8(木) 15:00

なぜ今? 首相主導の働き方改革