ここから本文です

【投資のヒント】最高益に向けて好スタートを切った銘柄は

ZUU online 7月22日(金)18時0分配信

先月の中旬からスタートした小売り企業を中心とした2月期決算銘柄の第1四半期決算も先週で終わりました。そこで今回は最高益に向けて順調なスタートを切った銘柄を取り上げてみました。

具体的には最高益更新が予想される銘柄のなかから、中間期予想に対するこの第1四半期の営業利益実績の進捗率が50%以上となった銘柄をピックアップしてみました。

例えばディスプレー最大手の乃村工藝社 <9716> では、第1四半期実績の営業利益の中間期予想に対する進捗率が9割近くに上り、前期に続いての最高益更新に向けて好スタートを切った格好となっています。

また、ドトール・日レスホールディングス <3087> では2008年2月期以来9年ぶりの最高益に向けて、さらにアダストリア <2685> では2010年2月期以来7年ぶりの最高益に向けて順調なスタートとなっています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:7月22日(金)18時0分

ZUU online

チャート

乃村工藝社9716
1541円、前日比+24円 - 9月28日 15時0分

チャート

ドトール・日レスホールディングス3087
1892円、前日比-7円 - 9月28日 15時0分

チャート

アダストリア2685
2373円、前日比-33円 - 9月28日 15時0分

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]