ここから本文です

出すぎちゃった!まさかのエミー賞ノミネート取り消し

シネマトゥデイ 7月22日(金)10時50分配信

 先日発表された第68回エミー賞のノミネーションで、コメディーシリーズ部門ゲスト男優賞にノミネートされていた俳優のピーター・マクニコルが、出演エピソード数が多すぎるとの理由でノミネーションを取り消された。The Hollywood Reporter が報じた。

【動画】ピーター・マクニコル出演『バトルシップ』

 テレビドラマ「ヴィープ(原題) / Veep」にゲスト出演しているピーターは、第5シーズンの半数のエピソードに登場している。しかし、エミー賞の規定では総エピソード数の50%未満の話数に出演した場合のみゲスト出演と見なされるため、ピーターはこれを超えてしまっていたとのこと。空いた枠には新たな俳優がノミネートされるという。コメディーシリーズ部門ゲスト男優賞にノミネートされているほかの俳優は以下の通り。(澤田理沙)

ボブ・ニューハート 「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」
トレイシー・モーガン 「サタデー・ナイト・ライブ」
ラリー・デヴィッド 「サタデー・ナイト・ライブ」
ブラッドリー・ウィットフォード 「トランスペアレント」
マーティン・マル 「ヴィープ(原題)/ Veep」

最終更新:7月22日(金)10時50分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。