ここから本文です

「デジモンテイマーズ」のディーアークが15年ぶりに復刻! 連動するカードセットも登場

インサイド 7月22日(金)15時19分配信

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて、アニメ「デジモンテイマーズ」の放送開始15周年を記念して復刻商品の予約受付を開始しました。

【関連画像】

このたび登場したのは、携帯液晶ゲーム機「ディーアークVer.15th 松田啓人カラー・牧野留姫カラー)」(2種 各9,990円 税込/送料・手数料別途)と、本ゲームと連動するカードセット「デジタルモンスターカードゲーム ディーアークver.15th Edition」(6,480円税込/送料・手数料別途)です。

【商品特長】
■ディーアークVer.15thについて

TVアニメ「デジモンテイマーズ」放送開始15周年を記念して、本作に登場する、パートナーデジモンを進化・強化させる小型端末「ディーアーク」を復刻した商品です。

形状は、2001年発売時のディーアークを再現。デジモンを育成する携帯液晶ゲーム機としての機能はそのままに、ゼロから新たに設計しています。レッドとシルバーを基調とした松田啓人カラー、ブルーとシルバーを基調とした牧野留姫カラーの2種類が登場です。

本商品は、作中での進化演出も再現。成熟期、完全体への進化時に特定のカードを通す(スラッシュする)と、「EVOLUTION_」「MATRIX EVOLUTION_」の文字が画面に表示されます。さらに、当時のディーアークには収録されていなかった「メギドラモン」への進化、「サクヤモン(巫女モード)」や「クズハモン(巫女モード)」を初収録するなど、15周年を記念するにふさわしい商品となりました。

また、作中に登場した、パートナーデジモンを強化する「プラグインカード」をプラスチック製で再現。デジモンを進化させる力を持つ「ブルーカード」と初商品化の「レッドカード」も同梱されています。

■デジタルモンスターカードゲーム ディーアークver.15th Editionについて

「デジモンテイマーズ」アニメ放送15周年を記念した、デジタルモンスターカードゲームのスペシャル商品です。バトルシーンで使用されたカードや人気のデジモンカードを全65枚収録しており、レアカードは当時の商品をイメージしたホロ仕様で再現。新規描き下ろしカード2種に加えて、角度によってイラストが変わる3Dカード仕様の「ブルーカード」と「レッドカード」も収録しています。

65枚全てのカードが、同時予約開始の「ディーアークVer.15th」と完全連動。アニメ登場アイテムを再現した「タカトのカード収納BOX缶」も付属するため、テイマーズファン必須のアイテムとなりました。

■商品概要
●デジモンテイマーズ ディーアークVer.15th
・価格:9,990円(税込)(送料・手数料別途)
・セット内容:本体…1個 / プラスチック製スペシャルカード…5枚 / 取扱説明書…1冊
・商品サイズ:約H160mm×約W70mm×約D45mm
・商品素材:本体…ABS、PC、POM、合成ゴム、ナイロン / カード…PET、PP
・生産国:中国

●デジタルモンスターカードゲーム ディーアークver.15th Edition
・価格:6,480円(税込)(送料・手数料別途)
・セット内容:復刻カード…59枚(※『ディーアークVer.15th』に対応した特別ver.) / 新規カード…2枚 / 描き下ろしオリジナルカード…2枚 / レッドカード…1枚(3Dカード)、ブルーカード…1枚(3Dカード) / タカトのカード収納BOX缶…1個 / B6サイズデジモンテイマーズスペシャル冊子…1冊
・生産国:日本

●共通項目
・対象年齢:15才以上
・販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」、他
・予約期間:2016年7月22日(金)11時 ~ 2016年10月7日(金)23時予定
・商品お届け:2017年1月予定

■商品購入ページ
・ディーアークVer.15th(松田啓人カラー・牧野留姫カラー)
URL:http://p-bandai.jp/item/item-1000104511/?rt=pr

・デジタルモンスターカードゲーム ディーアークver.15th Edition
URL:http://p-bandai.jp/item/item-1000105697/?rt=pr

※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※準備数に達した場合、販売を終了させていただくことがあります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション

最終更新:7月22日(金)15時19分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。