ここから本文です

三菱自が自社開発5ナンバーミニバンを再投入か、インドネシアで初公開へ

MONOist 7月22日(金)6時25分配信

 三菱自動車は2016年7月21日、「インドネシア国際オートショー2016」(一般公開日:2016年8月12~21日)において、7人乗車が可能な小型MPV(多目的車両)のコンセプトカーを世界初公開すると発表した。

【三菱自動車がかつて販売していた5ナンバーミニバン「シャリオ」「ディオン」などその他の画像】

 このコンセプトカーは、レイアウトの最適化とワイドボディの採用により、MPVとして乗員7人がゆったりくつろげる居住空間を確保した。フロントフェイスには、2015年4月発表の「アウトランダー」から導入を広げている、人とクルマを守る機能を表現したデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用した。

 また、伸びやかでスポーティーなボディに、安定感の高さをアピールする大きく張り出した前後フェンダーや高めの地上高など、SUVらしいスタイリングや機能を融合させたクロスオーバータイプのMPVとなっている。

 なおMPVを直訳すると多目的車両となるが、三菱自動車ではいわゆるミニバンの位置付けとなっている。同社が2016年2月に発表した事業計画では、2017年度に、MPVである「デリカD:5」の全面改良と、新型車である小型MPVの投入を予定していた。

 デリカD:5が全幅1795mmの3ナンバーミニバンであることから、今回発表する小型MPVは5ナンバーミニバンとなる可能性が高い。

 現在、三菱自動車は、日産自動車の「NV200バネット」のOEM供給を受けて5ナンバーミニバン「デリカD:3」を販売している。かつては「シャリオ」や「ディオン」といった5ナンバーミニバンを販売していたが、2006年3月に販売を終了していた。

最終更新:7月22日(金)6時25分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]