ここから本文です

高山勝成 18歳加納を見据え若さ吸収!近大でスパー開始

デイリースポーツ 7月22日(金)6時59分配信

 「ボクシング・WBO世界ミニマム級王座決定戦」(8月20日、三田市駒ヶ谷運動公園体育館)

 前IBF世界ミニマム級王者の高山勝成(33)=仲里=が21日、東大阪市の近大ボクシング部でスパーリングを開始した。大学生3人のサウスポーを相手に計6ラウンド。「いろんなことを感じるし、自分の20歳の頃を思い出した」。国内最年少世界王者を狙う18歳の加納=大成=が相手だけに、同じ年頃の若武者で予行演習を行った。

 自身も名古屋市の菊華高に通う現役高校3年生。「ベルトを持って入学した。チャンピオンのままで卒業したい」と、夏休み最大の宿題となる「王者返り咲き」へ意気込んだ。

最終更新:7月22日(金)7時27分

デイリースポーツ