ここから本文です

クリープハイプ×松居大悟。ダンスと芝居と演奏がぶつかりあう、新曲「鬼」MV公開

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月22日(金)20時8分配信

藤原竜也主演の日本テレビ系日曜ドラマ「そして、誰もいなくなった」の主題歌に起用されている、クリープハイプの新曲「鬼」のミュージックビデオが解禁された。

【詳細】MVはこちら

彼女と暮らす部屋に帰ってきた男が枕元を見ると知らないバンドマンが寝ており、そこから男の物語が壊れて、演奏やダンスに翻弄されて世界の境界線が曖昧に。自分自身が何者なのかわからなくなるサスペンスに仕上がっている。

彼氏役に奥野瑛太、彼女役は東京ゲゲゲイのYUYUが演じており、ダンスの振り付けも担当。その他、売れないバンドマン役は注目の若手バンドMy Hair Is Badのボーカル椎木知仁が演じ、キッズダンサーとしてバニラグロテスクが出演している。

ミュージックビデオの監督は、クリープハイプに憧れる女子高生4人が福岡から東京を目指す青春映画「私たちのハァハァ」を手掛け、石崎ひゅーいの楽曲を元にした短編「花瓶に花」でSSFF&ASIA2016ミュージックVideo部門の優秀賞を受賞した松居大悟監督が担当。クリープハイプのメジャーデビュー以降における作品のほとんどを手掛けた松居監督と、クリープハイプのタッグが久々に実現した。

なお、今作「鬼」のミュージックビデオは、9月7日に発売されるニューアルバム『世界観』の初回限定盤DVDに収録される短編映画「ゆーことぴあ」より抜粋した映像になっており、先月6月30日に発売され、現在重版決定&大ヒットしている尾崎世界観が執筆した初の小説「祐介」(文藝春秋)が短編映画の元ネタとなっている。短編映画「ゆーことぴあ」の詳細に関しては、後日解禁を予定。

松居大悟監督 コメント
次々とあらたなステージに向かう彼らを見て、自分は一緒にやるべきではないと思っていました。
それでも尾崎君から何度も深夜のファミレスに呼び出されて、最終的には、今までと一緒でいいじゃないか、「オレンジ」からまた始めよう、と話して決心しました。
楽曲「鬼」から感じた彼らの心意気から、自分もセット撮影やダンスなど初めての挑戦をしましたが、やはり僕らが手掛けるクリープハイプのMVは、こういう“匂い”がするものになりました。
倒れたところから戦い始める、諦めの悪い輝きのような何か。
離れていた時間があったからこそ、素直に向き合えたんだと思います。
鬼を捕まえるように、鬼に捕まらないように、何度も追いかけて見てもらえるとうれしいです。

ドラマ情報
日本テレビ系「そして、誰もいなくなった」
毎週日曜22:30~23:25
出演:藤原竜也、玉山鉄二、二階堂ふみ、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)/志尊淳、今野浩喜、遠藤要、おのののか、桜井日奈子/ミムラ/小市慢太郎、神保悟志、ヒロミ、鶴見辰吾/黒木瞳
脚本:秦 建日子
演出:佐藤東弥

リリース情報
2016.08.10 ON SALE
SINGLE「鬼」

2016.09.07 ON SALE
ALBUM『世界観』

クリープハイプ OFFICIAL WEBSITE
http://www.creephyp.com/

最終更新:7月22日(金)20時8分

M-ON!Press(エムオンプレス)