ここから本文です

人気絵本「おおきいあかいクリフォード」映画化が再始動

映画.com 7月22日(金)21時30分配信

  [映画.com ニュース] 数年前から進められている、人気絵本「おおきいあかいクリフォード(Clifford the Big Red Dog)」の映画化プロジェクトが、スタジオを米ユニバーサル・ピクチャーズから米パラマウント・ピクチャーズに移して再始動することになった。

 原作は、米作家&イラストレーターのノーマン・ブリッドウェルが1963年に発表した絵本。体長7.6メートルの巨大な犬クリフォードと、飼い主の少女エミリー・エリザベスのほのぼのとした冒険を描く。2000年には米PBSでアニメシリーズが制作された。

 4年前にユニバーサルが映画化を立ち上げ、いったんは全米公開日を2016年4月に設定するところまでいったが、その後企画が消滅。米Deadlineによれば、このほどパラマウントが新たに脚本家にジャスティン・メイレン(映画版「ベイウォッチ」)を起用して映画化に乗り出したという。映画版は実写とCGを融合したコメディアドベンチャーになる予定だ。

最終更新:7月22日(金)21時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。