ここから本文です

イブラが中国に来ない理由、モウリーニョ監督がスーツに例えて説明

ISM 7月22日(金)18時10分配信

 アジアツアーを行なっているマンチェスターU(イングランド)は22日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)中国ラウンドの初戦でドルトムント(ドイツ)と対戦する。期待の新加入FWズラタン・イブラヒモヴィッチはツアーに帯同していないが、ジョゼ・モウリーニョ監督は独特の表現でその理由を説明した。

 新天地で背番号9を背負うことになったイブラヒモヴィッチだが、スウェーデン代表としてEURO2016を戦ったのち、現在も休暇中。同大会に参加したほかの選手が続々とチームに合流するなか、現在もバカンスを満喫している。

 新加入の選手が新シーズンに向けて後れを取って大丈夫なのかという懸念もあるなか、上海で会見に臨んだモウリーニョ監督は「最高のスーツはしっかりと測って作られるものだ」「寸法を測って作られたスーツは、自分にフィットするかどうか分からないスーツを店に入っていって買うよりもいい。私は選手にも同じことをしている。同じ選手は2人といない」と、独特の言い回しでイブラヒモヴィッチの不在を説明した。

 モウリーニョ監督は「この決定はスタッフと何時間も協議し、分析した結果である。確かに、彼はEUROに参加したイングランド代表選手よりも1試合早く大会を終えたが、状況は選手一人ひとり異なる。身体も、考えも、休暇を取るタイミングも、こちらが知らない部分、知る必要のない部分も含め、すべて違う。練習レベルから準備も異なるんだ」とコメント。イブラヒモヴィッチには“オーダーメイド”の準備期間を与えていると示唆した。

最終更新:7月22日(金)18時49分

ISM