ここから本文です

「レ・ミゼラブル」をBBCがテレビシリーズ化!

シネマトゥデイ 7月22日(金)13時20分配信

 ヴィクトル・ユーゴーの小説「レ・ミゼラブル」を全6話のテレビシリーズとしてドラマ化すると BBC One が発表した。

【画像】アン・ハサウェイぼろぼろ…映画版『レ・ミゼラブル』

 文豪トルストイの著書をポール・ダノ主演でドラマ化した「戦争と平和」に続き、BBCとワインスタイン・カンパニーがタッグを組む本作。脚本は、テレビドラマ「戦争と平和」や「ハウス・オブ・カード 野望の階段」、映画『ブリジット・ジョーンズの日記』などのアンドリュー・デイヴィスが執筆する。

 2012年にはトム・フーパー監督&ヒュー・ジャックマン主演でミュージカル版を基にした映画が大ヒットしたが、今回のドラマ版はより原作に忠実になるという。デイヴィスは「わたしたちの多くはミュージカル版に親しんできましたが、それは『レ・ミゼラブル』という物語のほんの概要にすぎません。全6時間のドラマとして、ヴィクトル・ユーゴーの傑作をやっとふさわしく脚色できる機会を得ることができて興奮しています」とコメントしている。

 放送時期は未定だが、世界で配給される予定だ。(編集部・市川遥)

最終更新:7月22日(金)13時20分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。