ここから本文です

大阪桐蔭・高山11K実らず…まさかの3回戦敗退「プロに入って…」

デイリースポーツ 7月22日(金)6時59分配信

 「高校野球大阪大会・3回戦、関大北陽2-1大阪桐蔭」(21日、舞洲ベースボールスタジアム)

 春夏連続出場を目指した大阪桐蔭が関大北陽に逆転で敗れた。ドラフト候補のエース・高山優希投手(3年)は、最速146キロを計測し粘りの投球を見せたが「自分が甘かった」と悔しさをにじませた。

 高山は何度も自分を責めた。大粒の涙を流しながら、自らに厳しい言葉を投げかけた。「甘さが出た。自分の力不足で勝たせられなかった後悔が残ります」。大阪桐蔭の背番号1を背負う者として、3回戦敗退の全責任を負った。

 三回までは無安打投球。バランス良く投げていた矢先に落とし穴が待っていた。打順が一巡した1点リードの四回、関大北陽打線に直球を狙われた。

 「勝負球が甘くなった」と4本の長短打で逆転を許した。なおも五回は1死三塁、六回は無死三塁と絶体絶命のピンチ。それでも最速146キロを計測するなど、腰痛を抱えながらも気迫の投球で追加点を許さなかった。

 入学当初、西谷浩一監督(46)は報徳学園・主島、履正社・寺島の名前を挙げ「最後の夏、この2人を追い越せるようにやっていこう」と声をかけた。二人三脚で歩み、最速150キロ左腕へと成長。打線の援護なく敗れたこの日、恩師は「監督として勝たせてあげられなかった」と悔しさをにじませた。

 それでも高山は「大阪桐蔭で野球ができてよかった」と涙をぬぐう。3年間で急成長したからこそ、次のステージへ道が開けた。「プロに入って、高校で学んだことを生かしたい」と高山。未完の大器は、最高峰の舞台で力強く伸びていく。

最終更新:7月22日(金)7時24分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]