ここから本文です

安慶田副知事、高江着工で抗議 「前日協議会で説明なし」

琉球新報 7月22日(金)12時9分配信

 沖縄防衛局が22日午前6時ごろ米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事を再開したことに、安慶田光男副知事は同日午前11時、県庁に中嶋浩一郎沖縄防衛局長を呼び、抗議した。安慶田副知事は「政府が警察力を用いて住民を強制的に排除する事態が生じていることは、県民に大きな衝撃と不安を与えるものであり、誠に遺憾だ」と述べた。抗議文は翁長雄志知事名。中嶋局長は抗議を「受け止める」と述べるにとどめた。
 安慶田副知事は「東村高江ではオスプレイなどが民間地上空を飛行しており、騒音被害など住民生活に多大な影響が生じている。県は再三にわたりオスプレイの県外拠点配備を求めているが、政府からは具体的な対応が示されていない」と指摘した。また前日21日に開かれた政府・沖縄県協議会で今回の工事着手に関する一切の説明がなかったとした上で、「政府が真摯(しんし)に協議に臨む姿勢が見られない」と批判した。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7月22日(金)13時5分

琉球新報