ここから本文です

SKY-HI、夏をナナイロにする新曲&20公演ライブハウス行脚

音楽ナタリー 7月22日(金)11時49分配信

SKY-HIのニューシングル「ナナイロホリデー」が7月27日にリリースされる。

これは、前作「クロノグラフ」から2カ月という早いスパンで発表される今年2枚目のシングル。表題曲「ナナイロホリデー」は、夏を“ナナイロ”に彩るようなさわやかなディスコチューンに仕上がっている。YouTubeではミュージックビデオが公開されており、MVについてSKY-HI本人は「今までの俺の半生を、ミュージカルのように楽しく描きました。一人で部屋で楽曲制作をしている所から、ダンサーと出会って、バンドと出会って、気がついたらどんどん仲間が増えていく冒険マンガのようなストーリーになってます」とコメントしている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

彼は9月下旬から年末にかけて、計20公演のライブハウスツアーを敢行。対バン相手として秀吉、BRADIO、ADAM at、シナリオアートらが決定している。

SKY-HI「ナナイロホリデー」収録内容
CD
01. ナナイロホリデー02. Welcome To The Dungeon03. ナナイロホリデー(Instrumental)04. Welcome To The Dungeon(Instrumental)05. ナナイロホリデー(Acappella)06. Welcome To The Dungeon(Acappella)

CD+DVD Music Video盤DVD
・ナナイロホリデー(Music Video)・ナナイロホリデー(Music Video Making)

CD+DVD LIVE盤DVD
SKY-HI HALL TOUR 2016 ~Ms. Libertyを探せ~ @TOKYO DOME CITY HALL(2016.3.13) ・スマイルドロップ・Luce・As A Sugar・Ms. Liberty・クロノグラフ

SKY-HI LIVE HOUSE TOUR2016 ~Round A Ground~
2016年9月20日(火)福島県 郡山HIP SHOT JAPAN<出演者>SKY-HI / Judgement Ship2016年9月23日(金)島根県 松江 AZTiC canova<出演者>SKY-HI / SILYUS(シリウス)2016年9月24日(土)鳥取県 米子 AZTiC laughs<出演者>SKY-HI / SILYUS(シリウス)2016年9月29日(木)北海道 cube garden<出演者>SKY-HI / プルモライト2016年10月1日(土)青森県 青森Quarter<出演者>SKY-HI2016年10月2日(日)岩手県 Club Change WAVE<出演者>SKY-HI / 松村徳一2016年10月4日(火)群馬県 高崎Club FLEEZ<出演者>SKY-HI / 秀吉2016.10年9日(日)香川県 高松MONSTER<出演者>SKY-HI / クリエイテル2016年10月10日(月)愛媛県 WStudioRED<出演者>SKY-HI / Mond2016年10月15日(土)秋田県 Club SWINDLE<出演者>SKY-HI / Watanabeach2016年11月19日(土)和歌山県 SHELTER<出演者>SKY-HI / NIHA-C2016年11月21日(月)兵庫県 神戸VARIT.<出演者>SKY-HI / and more2016年11月26日(土)宮崎県 MIYAZAKI WEATHERKING<出演者>SKY-HI2016年11月27日(日)熊本県 熊本B.9 V1<出演者>SKY-HI / 四季彼方2016年12月1日(木)茨城県 mito LIGHT HOUSE<出演者>SKY-HI / Official髭男dism2016年12月3日(土)新潟県 新潟LOTS<出演者>SKY-HI / BRADIO2016年12月10日(土)静岡県 LiveHouse 浜松 窓枠<出演者>SKY-HI / ADAM at2016年12月11日(日)京都府 京都FANJ<出演者>SKY-HI / シナリオアート2016年12月15日(木)東京都 豊洲PIT<出演者>SKY-HI / and more2016年12月16日(金)東京都 豊洲PIT<出演者>SKY-HI / and more

最終更新:7月22日(金)11時49分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。