ここから本文です

今秋開始「タイガーマスクW」は2匹の虎の復讐劇!ビジュアルやPVも公開

コミックナタリー 7月22日(金)12時0分配信

梶原一騎原作による辻なおき「タイガーマスク」を原作とする新作テレビアニメのタイトルが「タイガーマスクW」に決定。今秋よりテレビ朝日にて放送される。またポスター、キャラクタービジュアル、PV、スタッフも公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

東映アニメーションの60周年企画である「タイガーマスクW」の主人公は、若きプロレスラー・東ナオトと藤井タクマ。2人は小さなプロレス団体・ジパングプロレスの練習生だったが、ジパングプロレスは悪質団体・GWMに潰されてしまう。GWMの裏にある組織・虎の穴に復讐すべく、ナオトはかつて虎の穴に勝利したタイガーマスクになるために富士の裾野で特訓を開始。一方タクマは虎の穴を内部から潰すために入門し、タイガー・ザ・ダークとなる。

シリーズディレクターは小村敏明、シリーズ構成は千葉克彦、キャラクターデザインは香川久、アクション作画監督は羽山淳一がそれぞれ務める。キャストは近日発表予定だ。また新日本プロレスともコラボし、実在のプロレスラーがアニメに登場する。

「タイガーマスクW」
スタッフ
シリーズディレクター:小村敏明シリーズ構成:千葉克彦キャラクターデザイン:香川久アクション作画監督:羽山淳一美術デザイン:渡辺佳人音楽:高梨康治(Team-MAX)、刃-yaiba-

(c)梶原一騎・辻なおき/講談社 (c)テレビ朝日・東映アニメーション

最終更新:7月22日(金)12時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。