ここから本文です

缶マッコリとワイン販売 9月3日から日韓米の交流促進

福島民報 7月22日(金)12時10分配信

 福島県郡山市のNPO法人韓日文化交流を計る会、ボーキ佐藤、ワールドコフタは復興支援の一環として9月3日から韓国の缶マッコリと米国カリフォルニア州のフレスノ大が開発したワインを販売する。売上金の一部を県や郡山市に寄付し復興に役立ててもらう。
 缶マッコリ、フレスノワインとも日本での本格的な販売は初めてで、韓国マッコリ協会、フレスノ大と販売協定を結び実現する。日韓米の交流を促進し、県内の復興や風評払拭(ふっしょく)、地域活性化を目指す。
 缶マッコリには、ゆず、オレンジ、松の実味もある。新商品発表会、試飲会を8月29日午後6時から郡山市のベルヴィ郡山館で開く。
 販売を記念し試飲会に5人を招待するほか、缶マッコリ4本セットを10人にプレゼントする。8月10日まで申し込みを受け付ける。応募、問い合わせはボーキ佐藤業務部 電話024(932)1261へ。
 村田秀一韓日文化交流を計る会理事長、ボーキ佐藤業務部の橋本栄二リーダー、吉田芽衣さんは20日、福島民報郡山本社を訪れPRした。

福島民報社

最終更新:7月22日(金)12時15分

福島民報