ここから本文です

新基準コリジョンルール、現場捕手の反応は…G小林誠「今までの通りのプレーをするだけ」

デイリースポーツ 7月22日(金)10時0分配信

 紆余(うよ)曲折を経て、コリジョンルールの新たな運用基準が22日から適用される。

【写真】世紀の珍事!コリジョンルール初適用は投手だった!

 これまでは守備側の走路への進入を厳格に適用してきたが、今後は「走者が明らかに守備側に向かい起きた本塁での衝突プレイや、守備側が明らかに走者の走路を妨害して起きた本塁でのプレイ(衝突を含む)の場合に、本規則を適用する」とし、衝突の有無を重視することになる。

 前半戦では4度の適用例があった同ルール。本来は今季終了後に検証し、見直す方針だったが、阪神やヤクルトなどが意見書を提出するなど、現場の混乱が続出。前倒しでの見直しに至った。

 当初、選手会がシーズン途中の見直しに異議を唱えるなど、現場の反応は様々だ。適用前日の21日、戸柱ら1軍捕手の動きを確認したDeNA・ラミレス監督は「今までのものと新ルールとでは大差ない。ウチのキャッチャーはうまく対応できている。特に問題はない」と話した。

 ヤクルト・中村は「送球に対して(判断が)柔軟になるのはありがたい」と前向きに捉える一方で、「本来なら、1年間通して(従来の基準で)とり続ければいいと思いますけど」と複雑な胸中をのぞかせた。

 また、巨人・小林誠は「(新ルールとなることに)困惑した方がいいんでしょうけど」と、感想を問われたこと自体に困惑。「ベースの前に立つということ、これまでと変わらないですし、今まで通りのプレーをするだけなんです」と申し訳なさげに話した。

 ファンの間でも議論を呼んだ同ルール。今回の“新基準”で混乱は収まるか。小林誠が最後に口にした「野球がいい方向にいけばいいと思います」という意見が、関わる現場の総意だろう。ホームベースを巡る攻防が今後も注目を集めることは、間違いない。(デイリースポーツ・野畑圭司)

最終更新:8月24日(水)9時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。